WEB「新鮮 なっ!とくしま通信」(http://our.pref.tokushima.jp/nattoku/)のスタッフの日常をお届けするブログです。 「新鮮なっ!とくしま通信」の裏側が見られるかも!?






プロフィール

とくしまブランド

Author:とくしまブランド
新鮮なっ!とくしま通信のスタッフ一同が、日々のできごとを綴ります。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


安全な生しいたけ『阿波の舌鼓』
徳島の「生しいたけ」に新しいブランドが登場しました。
その名も「阿波の舌鼓」(あわのしたつづみ)
このブランドについて,今日は紹介します。

最近,「食の安全」がすごくクローズアップされてます。
生産者からしたら「安全性」に気をつけた野菜の生産なんて当たり前のことですが,それでもたまに,「残留農薬が検出された野菜が出荷されている」といった報道がされます。

さて,この「安全性に気をつけた生産」というところを,さらに掘り下げて考えてみると,生産者の皆さんが「安全だ」と自信を持って出荷されても,買う人にはそれが伝わってこないという問題がありました。
そこで徳島県では,農産物の安全性に配慮した生産・管理体制を県知事が認定する「とくしま安2(あんあん)農産物認証制度」を運用し,認定された農産物にはこのような↓マークをつけることとしています。
anan.gif
消費者からすれば,このマークの付いている農産物が「安全性に気をつけた農産物だ」ということがわかるというものです。

で,話を「生しいたけ」に戻しますが,「生しいたけ」にも「とくしま安2農産物認証」を取得した生産団体がいくつかありますが,このように,「食の安全」に関する第三者機関による認証を取得した「生しいたけ」に『阿波の舌鼓』と銘うち,販売することになりました。
これは,しいたけ生産者が組織する「徳島県しいたけ生産販売組合連合会」の取り組みですが,組合では,消費者の皆さまから
『阿波の舌鼓』といえば『安全』」
といわれるように,この名前を売りだしていきたいという願いを込めて,これからPR活動を行っていくとのことです。

そして,今日,組合の皆さんが,徳島県知事を訪問し,『阿波の舌鼓』の報告を行いました。↓
2008021201.jpg

応接室の机いっぱいに「阿波の舌鼓」を並べ,↓
2008021202.jpg

坂口会長から,
「これから,『阿波の舌鼓』のPRを積極的に行っていく。」
との決意が述べられました。↓
2008021203.jpg

最後は記念写真↓
2008021204.jpg

このブログをご覧の皆さん,スーパーで『阿波の舌鼓』を見かけましたら,是非ともご購入いただき,肉厚の生しいたけをお楽しみください。
安全性にも十分配慮していますので,どうかご安心を。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
阿波の舌鼓
拙者はしいたけ侍と申す
このたび飯泉知事のご尊顔を拝し執着至極
阿波国のために頑張る所存故
煮るなり焼くなりお任せ致し候
【2008/02/22 06:36】 URL | しいたけ侍 #-[ 編集]


しいたけ侍 殿

コメントありがとうございます。
「阿波の舌鼓」が日本のしいたけの代名詞になるよう,これからもよろしくお願いします。
【2008/02/22 16:39】 URL | くどう #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tokushimabrand.blog38.fc2.com/tb.php/44-4b927867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。